【同僚】忙しいアピールにストレス限界!上司も頼れずなんとかしたい

会社
スポンサーリンク
ふくみみ
ふくみみ

今回は、他部署の人から聞いたお悩みにお答えしたいと思います!

かなで
かなで

どんなお悩みですか?

ふくみみ
ふくみみ

同じ業務を一緒にやっている同僚が全然働かないらしい・・・。

かなで
かなで

え〜〜〜

ふくみみ
ふくみみ

大した仕事もしないのに「忙しいアピール」がすごくて辟易しているみたい。

かなで
かなで

いますねそういう人!

ふくみみ
ふくみみ

でもそういうのって当事者じゃないと実態はわからないのよね。
部署の人や上司は「忙しいけど頑張っている人」に見えてるみたい。

かなで
かなで

メチャクチャわかる〜〜!
私もそういう状況に腹立つ時ありますもん。

ふくみみ
ふくみみ

本当は彼女一人でほとんどの仕事を回しているのに、「二人のおかげでうまく回っているよ」とか、一緒くたに評価されるとやる気失うよね。

かなで
かなで

わかります!この人何もしてないですけど?って嫌味言いたくなります。

ふくみみ
ふくみみ

今回は彼女の相談、「忙しいアピールをする社員」の問題を考えてみたいと思います。

かなで
かなで

解決策はあるんですか?

ふくみみ
ふくみみ

なかなか竹を割ったような解決策は難しいけど、みんな同じこと考えているかも、って分かったら少しは気が晴れるかも。

かなで
かなで

そうですね。誰にも相談できずにモヤモヤを抱えている人も多いですよね。

ふくみみ
ふくみみ

解決に向けて出来ることはないか、も考えてみよう!

スポンサーリンク

忙しいアピールをする同僚に困っています。

今回の相談内容「忙しいアピールをする同僚に困っています。」

私は営業管理部の事務をしています。

事務作業は主に二人で行っていて、進捗が見えやすい事務だけではなく、会議のセッティングや来客対応、備品の管理、職場の美化など、”目に見えないけど誰かがやらなければならない雑用”の類も私たちでやらなければなりません。

ペアの同僚Aは「これはあなたの仕事」と明確に言われたことはできるのですが、それ以外の「誰がやってもいい仕事」は一切やろうとはしません。
気がつかないのです。

最初は私も「あれやって、これやって」とお願いをしていたのですが、突発的に発生する細かい仕事をイチイチ指示しなければならないことに疲れてしまいました。

上司は「二人でうまく分担してやって」と言うだけなので、業務が回っていれば「二人」を一緒くたに評価します。

分担なんてしていません。

ほとんど私が処理しているのです。

・・・言わない私が悪い、と思いますか?

実際は、私も忙しくて人の面倒を見ている余裕なんかない。
人に支持している数秒で一つの雑用くらい終わってしまいます。
支持してやってもらって、失敗されて結局私がやり直す二度手間もしょっちゅうあります。
自分でやってしまった方が「楽」なのは間違いありません。
だから、結局自分でやってしまいます。

他に自分の仕事もあります。私、メチャクチャ忙しいんです。

同僚Aは負い目を感じているか知りませんが、執拗に「忙しいアピール」をしてきます

早朝出勤、残業、土日勤務もしょっちゅうしています。

うちは在宅勤務ができるので実際には何をしているかわかりません。普段の業務ではおしゃべりばかり。休日勤務といっても集中して仕事をしているとは到底思えません。

でも日曜日にメールの返信をしたりして、上司からは「休日なのにごめんね!」と感謝されています。私から見れば「アピール」にしか見えません。

だって、ただ単におしゃべりして手が止まるから仕事が遅いだけなんです。
業務量が多すぎて休日勤務になっているわけじゃない。ただサボっているだけなのです。

百歩譲って、いつ仕事をしようが締め切りまでに成果を出していれば、好きにすれば良いと思っています。

でも・・・、通常勤務時間にはおしゃべりが忙しく、先ほども言った雑用的なことには一切手が回らず、ぜ〜〜〜んぶ私がやる羽目になります。

資料のファイリングとか納品されたコピー用紙の片付けとか、そんな仕事です。
私も仕事めっちゃあるのに、なんとか勤務日内で全部終わらせます。
この仕事量が出来る自分すごい、と自分でも思うくらい。

他の社員の人は薄々気づいていて同情はしてくれるけど、結局二人でうまくやって、という感じです。

一番堪えるのが上司の評価です。
どんなに頑張っても私の評価が上がるわけではなく、声かけも一切ありません。
私にこそ「忙しいのに、二人でやるべきこと全部一人でこなしてもらってごめんね!」と労いの言葉をかけてほしいものです。

そのくせ、同僚Aへは時間外勤務について恐縮したり感謝したりしています。

同僚Aがそんなに怖いのか?会社とは仕事の成果が全てじゃないのか?と、頑張る気力がどんどん失せていきます。

今じゃ上司も同僚Aも話すだけでネガティブな感情が起こり、勤務中不機嫌になってしまうことも増え、どんどん自分が嫌いになっていくのを感じます。

これ以上自分を嫌いになりたくはないので退職も考えています。

でも、この会社の理念や仕事自体は好きで自分に合っていると思っているので、本当はやめたくないんです。

私、もうどうしていいか分からなくなっちゃって・・・。

ふくみみ
ふくみみ

つまり同僚Aの時間の使い方が問題なわけですね?

相談者
相談者

実際はそれだけじゃなくて、自分のミスを私に責任転嫁しようとしたり、そもそもミスした時に責任が重そうな仕事は全部押し付けられたり、面倒なこと全部、気づいたら私がやる羽目になっていることにも我慢の限界がきています。

ふくみみ
ふくみみ

それなのに上司がわかってくれていないんですね。業務が回っているから良いってわけで。

相談者
相談者

はい。それが一番辛いです。上司が愚痴を聞いて同調してくれるだけでかなりストレス軽減されると思います。

同僚の「忙しいアピール」の弊害

かなで
かなで

ストレスの原因て単一ではなく、いろいろなことが複雑に絡み合っていますよね!

ふくみみ
ふくみみ

そうだね。
今回は「同僚の忙しいアピール」についてだけに焦点を当てて見ていきたいと思います!
忙しいアピールがあることで、どんな弊害があるだろう?

かなで
かなで

忙しいアピールの弊害・・・とりあえず、鬱陶しいですね。

そんなに忙しいなら黙って手を動かせ!って思います。

ふくみみ
ふくみみ

イラッとしてストレスを感じちゃうよね。

かなで
かなで

それに、忙しいアピールをしている人には仕事が頼みづらいから、みんな忙しいアピールをしない方の人に依頼するようになるよね。

ふくみみ
ふくみみ

言いやすい方に言うよね。

かなで
かなで

お願いしたら「今忙しいんで!」って嫌な顔されるの、こっちも嫌ですもん。

ふくみみ
ふくみみ

もう一方の人の仕事がたまる一方だね。ただでさえ忙しいのに。

かなで
かなで

分担したくても、忙しいアピールされていると提案もできないですよね。

ふくみみ
ふくみみ

最悪なのは、周りからは「忙しい人に仕事押し付けてる」と見えてしまう場合もあること。

かなで
かなで

忙しいのは口だけの「アピール」なのに、なかなか伝わりませんよね!

周りの人はアピールだと見抜いているか

かなで
かなで

周りの人は、本当に見ていて分からないのかな?

ふくみみ
ふくみみ

仕事で直接関わる人は分かってくれているかも。同僚Aの仕事の遅さとか対応の悪さとかを直に感じるはずだから。

かなで
かなで

じゃあ、なんで助けてくれないんですか?

ふくみみ
ふくみみ

大抵の人は「面倒に関わりたくない」というのが基本姿勢だよ。人のマネジメントは上司の仕事だしね。
一番の望みは自分の依頼した仕事が確実に処理されることで、誰がどうやろうが関係ない。むしろ早く的確にやってくれる相談者さんの方に皆頼みたいのよ。

かなで
かなで

ですよね〜。結果、できないやらない奴が一番美味しい思いをする。
給料一緒なのが許せませんね!

一番問題なのは忙しいアピールを見抜けない上司

「人のマネジメントは上司の仕事」。

これが分かっていない上司が本当に多いと感じます。

一般社員と同じように「仕事が回れば余計な面倒には関わりたくない」と思っている上司が本当に多い。

そういう会社は退職者が絶えず、人が育っていきません。

人事は常に緊急な求人活動に時間を費やさなければならず、じっくりと人を見た採用をすることができません。そして中途半端に採用し、また退職を繰り返します。

こういう時に辞めるのは必ず「出来る人」の方である、ということを忘れてはいけません。
会社にとっては貴重な人材を失うことになります。

会社は「人」です。

誰が本当に会社に貢献していて、誰が「アピールだけ」なのかを見抜けない上司は怠慢です。

「人」のマネジメントが会社にとって最も重要事項であるという認識がない上司は有能とは言えません。

上司も対策を考え行動している?

上司の方も、部下に相談されて解決したいと動いたかもしれません。

相談者さんも上司に相談したとのこと。
でも結果は、同僚Aの「いかに自分が忙しいか」アピールの術中にハマって同情し、評価が偏ってしまったそうです。
同僚Aの口車に乗せられ、まんまと信じてしまったのです。

一方で伝えるのが下手な相談者さんが悪い、と言われたことがあるそうです。

営業担当ならそこを指摘される余地はあります。
けれども事務担当には必要ありません。
積み上がった仕事を処理する、ということが事務担当者に求められるスキルです。

同僚Aは処理数が少なく勤務時間が長い。
会社にとっては無駄な人件費が発生している、と考え指導されるべきは同僚Aなのです。

なぜ上司は忙しいアピールを信じてしまうのか?

冷静に、客観的に見れば、業務のほとんどを相談者さんが処理しているのは自明です。

本来なら会社にとって無駄な人件費となっている社員を指導しなければなりません。
それなのになぜ上司は同僚Aに同情するのでしょうか?

そういう上司は「感情」と「一般論」で物事を考える人が多いです。
「業務に必要なこと」が客観的に見れていないのです。

感情で考える上司の関心事項
  • 部下に嫌われたくない
  • 部下に親身な良い上司と思われたい
  • 出来ない人を切り捨てず、寄り添う上司が「良い上司」と思う
  • 人のつながりが一番大事なことだと思う
  • 「雑談」は人のつながりを築くために必要

事務担当者が仕事をするのに必要なのは”管理”です。

限られた時間でその業務を確実に処理するためのタイムマネージメントが最も重要です。

それらは「感情」で物事を捉えた時には冷酷に見えたり非人間的に見えたりします。

そして安易に批判の対象にされてしまいます。

事務処理のプロであるべきオフィスの人間でも、驚くほど多くの人が間違った認識をしており、業務中の雑談を嫌う人を自己中心的と見て人間関係のトラブルが発生してしまいます。

ふくみみ
ふくみみ

コミュニケーションはもちろん必要だけど、雑談は仕事以外の時間でするべき。
メリハリが大事だよね!

かなで
かなで

事務担当者はしゃべってる時間さえも惜しいですもん。秒単位で処理してますもんね。

ふくみみ
ふくみみ

にこやかに雑談せずに黙々とパソコンに向かっている人こそ会社に貢献しているのに、「何考えているかわからない」とか噂立てられちゃうのよ。

かなで
かなで

結局口がうまい人が勝つっていうか、皆、人の言うことを信じすぎ。その人の言うことが信憑性があるか、自分の目で見て自分の頭でちゃんと考えないとね。

ふくみみ
ふくみみ

結局、それが出来ていない上司が、言われることだけで判断しちゃうんだよね!

忙しいアピールに負けない方法

かなで
かなで

上司がそれだったら解決なんて絶望的じゃないですか!?もう転職した方がいいですよ。

ふくみみ
ふくみみ

でも、相談者さんは会社のことは大好きで、この会社で頑張りたいと思っているの。

かなで
かなで

そういう会社に出会う確率少ないから辞めたらもったいないですね・・・。

ふくみみ
ふくみみ

うん。人間関係の方が簡単に変わるもの。転職はもう少し変わる努力を試してから考えた方がいいかもね

忙しいアピールの同僚に振り回されないために出来ること

かなで
かなで

相談者さんが同僚Aに振り回されないために出来ることってどんなことがありますか?

業務分担を細かくする

ふくみみ
ふくみみ

一番振り回されるのは「業務量のコントロールが出来ない」ってことでしょ。それなら業務の担当をもっと細かく分けるのが有効な手だね。

かなで
かなで

例えば?

ふくみみ
ふくみみ

例えば・・・営業管理の対象クライアントを分けるとか。
A社とB社は相談者さんの担当、C社は同僚Aの担当、という風にね。

かなで
かなで

そうすればC社に関わる業務は全部同僚Aの担当、ということになりますね!

ふくみみ
ふくみみ

そう。責任の範囲を出来るだけ明確化して、自分の担当じゃないところは絶対に手を出さない。手を出すと頼られて、いつの間にか代わりにやってる、という構図が出来やすくなっちゃうから。

かなで
かなで

でも、担当で分けられない雑用はどうしますか?

ふくみみ
ふくみみ

それも分けちゃうのよ。

かなで
かなで

でもテーブルの上の整理とか、ゴミ箱周りの掃除とか、担当にしてもやってくれなかったらどんどんオフィスが汚くなって自分が気分悪くなりますよね。仕事は快適な空間でしたい。

ふくみみ
ふくみみ

そういうものは自分の担当にする。福利厚生のドリンクの発注とか、廃棄書類の整理とか、やってなくても放っておけるものは「同僚Aの担当」に決めちゃう。もしやってなくてクレームが来たら二人の責任じゃなく同僚Aの責任と明確にすることができる。

かなで
かなで

業務量、だいぶ偏りそうですが・・・。

ふくみみ
ふくみみ

そうだね。でもストレスは軽減されると思うよ。
分担が曖昧で「なんで私ばっかりやってるの!」という感情って、実はものすごいストレスになるんだよね。担当決めればそういうストレスがなくなる。

かなで
かなで

いつやるか、どういう方法でやるか、全部自分の責任で決められますもんね。

ふくみみ
ふくみみ

人と一緒に仕事をする上でのストレスって、自分の裁量で仕事を進められるようになると一気になくなるんだって。

かなで
かなで

業務量が多くても相談者さんは自身の裁量でうまくやるだろうから、感情的なストレスよりも楽になりそうですね。

ふくみみ
ふくみみ

たくさんの業務を自分の裁量で捌いた時にはものすごい達成感が得られて仕事が楽しくなるしね!

「機械脳」で仕事をする

ふくみみ
ふくみみ

忙しいアピールに負けないためには、「機械脳」になることも必要です。

かなで
かなで

サイボーグになれってことですか!?

ふくみみ
ふくみみ

うん、そうだよ(笑)。忙しいアピールをする人って感情に訴えかけるのがすごく上手いんだ。少しでも話を聞いたらどんどんつけ込まれちゃう。

かなで
かなで

「つけ込む」って言い方悪いけど・・・そんな印象ありますね(笑)。

ふくみみ
ふくみみ

だから心を鬼にして「聞かない」。少しでも心を開いたら負けと思え。

かなで
かなで

怖っ!生きるか死ぬかみたいに言わないでください。

ふくみみ
ふくみみ

でもそれくらいの覚悟でなきゃ、こういう人には太刀打ちできないよ。つけ込まれたら最後、どんどん業務時間が奪われる一方だよ。

かなで
かなで

確かにそうですね。「機械脳」って「感情を持ち込むな」ということですか?

ふくみみ
ふくみみ

その通り。
そのほか、「機械脳」という言葉を使ったのには色々な意味を込めています。感情に振り回されないことも一つ。時間を徹底的に管理して、「この業務を何分で終わらせる」とスケジュールを組み、その通りに行動するという意味もある。

かなで
かなで

ルールを設けて、いちいち考えなくても処理ができるようにするのも「機械脳」ですね。

ふくみみ
ふくみみ

そうそう。「Yesならこう」「Noならこう」って機械的に処理していくのね。

かなで
かなで

事前に「チェックリスト」を作るんですね。チェックリストを作る時だけ頭を使えば、あとは機械的に処理できますね。

ふくみみ
ふくみみ

「チェックリスト」は形式的に作っているだけの人も多いけど、ちゃんと活用すればものすごい効率的になるよね。

かなで
かなで

ですよね〜。私もチェックリストを活用するようになってから、処理が早くなりミスも減りました!

おわりに

かなでちゃんと考えたアイデアを、相談者さんに伝えてみました。

相談者さんも退職を考えるのは、出来ることをやってダメだったらにする、と言ってくれました。
また、これまでは自分の言動が曖昧で同僚Aにつけ込む隙を与えていたとのこと。
機械脳を取り入れて自分改革もやってくれているそうです。

ふくみみ
ふくみみ

自分改革したら結構成果があったみたい。

かなで
かなで

ほんとですか?よかった!

ふくみみ
ふくみみ

自分改革のコツは「自分が快適なライン」を見極めて死守することよね。

そのラインを超えてくる人には、冷たく思われても仕方ない。

かなで
かなで

つけ込まれますからね(笑)。

ふくみみ
ふくみみ

冷たいようだけど、「自分の身は自分で守れ」が現実。愚痴を言っても良いけど行動もしないとね。

かなで
かなで

同僚Aはまさに愚痴だけで行動しないタイプですよね!

ふくみみ
ふくみみ

うん。客観的に見ればどちらがカッコイイかは明白だよね・・・。当人にはわからないだろうな

かなで
かなで

相談者さん、機械脳でバリバリ仕事して、会社ライフ楽しんじゃってほしいです!

外部への相談

今回の例では、自己改革を進めればなんとか改善できる範囲でしたが、これは単なる一例に過ぎません。

うちの会社はまだ上司に気楽に相談できる雰囲気があるのですが、内部の誰にも相談できない、という時はぜひ外部の相談窓口を頼ってみてください。

話を聞いてもらうだけでも気が晴れることがあるし、自分では見えなかった解決策についてアドバイスをもらえることもあります。
ただし、外部はあなたの会社の具体的な雰囲気や業務方法は知りませんので、「普通のことしか言ってもらえなかった!」ということになるのは当然です。
その点を割り切れば、話を聞いてもらう相手としてはおすすめします。
知らないからこそ、遠慮なく話せるということもありますので。

もし外部相談所に心当たりがなければ、厚生労働省が相談窓口を運営しています。
こころの耳 相談窓口

\モヤモヤが晴れないあなたに本のご紹介/

職場の困った人対応マニュアル

かなで
かなで

うわあ〜、わかる、あるある、と思うことでちょっとスッキリするかも!

タイトルとURLをコピーしました